BIYORIは下北山村保育所、山村留学施設と、子供たちが馴れ親しむ場所として
利用されて来た建物を改装してできたお仕事をする場所。

 

共有スペースは打ち合わせや、コワーキング、イベント利用などで現在は使われており、
奥の個室ではUターンされた山岡さんがnon-designという造園設計やデザインの事務所を構えられている。

 

コワーキングスペースは東吉野村の坂本大佑さん(OFFICECAMP http://officecamp.jp/index.html)が
内装をデザインし、下北山村の本田昭彦さん(スカイウッド株式会社)が家具の制作を行ってくださった。

二人によって作られた空間は木材をふんだんに使ったオープンキッチンが目を引くデザインとなっている。

 

檜の無垢材でできたカウンターは長い所で4.5mにもなり、本田さんが制作の中で最も大変だったという。

一つ一つ本田さんの手によって作られた家具は人の体に合うようゆるやかな曲線を描いている。

 

 

 

山村留学で来た子供達が暮らす、やまびこ寮だった頃は合計約150人もの子供がここで生活したらしい。

村外から来た子供たちが第二の故郷として、一時期を過ごしたやまびこ寮。

 


(やまびこ寮の廊下)

 

 

数ヶ月の子も一年間いた子も下北山村の自然・仲間とのびのびとした青春を送ったのだろう。


(やまびこ寮の時の子供たちが暮らした部屋)

 

 

今はBIYORIとして生まれ変わったが、所々その時の面影が残っていたりもする。

 


(BIYORIに今も残る手洗い)

 

 


(子供たちが柱に書き残したなまえ)

 

 

 

やまびこ寮の子供たちの帰ることができる場所の一つとして今までの建物を大切にしながら、
少しづつ変化していくBIYORIを楽しみにしていて欲しい。

 

 

 

カテゴリー: 営業案内場所

関連記事

営業案内

BIYORIからのお知らせ

BIYORIからのお知らせ 【営業時間変更のお知らせ】 BIYORIは 続きを読む …

NEWS

OVERTIME BIYORI(6/28)

昨日のovertime BIYORIはチャレンジカフェについてのお話を 続きを読む …

overtime BIYORI

下北山村「ツチノコ」伝説のいま。

2019年5月に「下北山村ツチノコ共和国」30周年を迎えて、 「ツチノ 続きを読む …